人気ブログランキング |

湘南辺りの音楽情報とか
by swingfuji
Swing Swang Swingin'
以前の記事
2016年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧

Route 134 On My Mind

今も昔もこの道路標識には青い空がよく似合う。
昔は片側1車線だった江ノ島あたりの134号線も今ではとてもきれいに整備された。
この道をモチーフにした歌は数多い。
僕らの世代でいうとサザン・オール・スターズの「希望の轍」というところだろうか。
ちなみに今の僕の気分はどういうわけかスティーヴィー・ワンダーの「Isn't She Lovely」。
スティーヴィーのハーモニカを聴きながら青い空の下で一日過ごすのも悪くない気がする。

c0114339_10461464.jpg


学生の頃は、お気に入りの音楽をカセット・テープに詰め込んでよくドライブした。
どこへ行くともなしに、江ノ島~鎌倉~逗子~横須賀と車を走らせる。
目の前に広がる海を見ながら、カーステレオから流れるBGMに耳を傾ける。
それだけで本当に幸せな気持だった。

皆さんが134号線と聞いてイメージする音楽ってどんな感じなんだろう。
もしよかったら、そっと教えてください。

投稿者:Daddy
by swingfuji | 2008-03-22 10:48

almost blue


c0114339_1862764.jpg


Saturday, March 22, 2008, at 9 p.m., Sausalito.
by swingfuji | 2008-03-21 18:11

Selection Vol 5

Sat 22 Mar  21:00~24:00
”Almost Blue” (Jazz、Soul、R&B) Selected by Takuya Asami

誰もが一目置くレコード愛好家のAPこと浅見卓也の選曲による”Almost Blue”期待しましょう

sausalito
by swingfuji | 2008-03-21 15:23

雨の日にはパンを焼いて

先週はパタパタといそがしく、
パンを焼くことができませんでした。

駆けだしの拙いプライヴェイト・ベイカーである、このわたし・・・

そんなことは重々承知しているわけなのですが、それでも
フラストレーションはたまるのでした、生意気ですね、はい。

なので、今日は朝から パン・ド・ミ 焼きました、全力で。

c0114339_19323788.jpg


しばらく『リュスばかり焼く』とかなんとか言いましたが、
気が変わったのでした、なんとなくですけれども。

c0114339_19331029.jpg


オーヴンの加減なのでしょうか?
左肩あがりになってます。

c0114339_19333215.jpg


切ったとこはこんな感じでした。
まあ、よいのではないかと、はい。


夕方、おなかが減ったので(勢いにまかせて)、
フォカッチャ 焼いてみました(ほくほくの新ジャガ入り)。

c0114339_19334664.jpg


ローズマリイの良いにおいにうっとりとします、はい。


さて、明日は何を焼きましょうか?
by swingfuji | 2008-03-20 19:38

→CANTO

we are・・・

c0114339_11384649.jpg


"→CANTO"
guitar、『中西文彦』
upright bass、『大澤逸人』
percussion、福井豊
by swingfuji | 2008-03-20 11:40

"→CANTO" gig at milkbar+cafe

舞踏会と同じ晩、『milkbar+cafe』では
"→CANTO" のギグがおこなわれていたのでした。

c0114339_11282454.jpg


歩いて数分という、ほんのわずかな隔たりのなかで、
とても興味ぶかいイヴェントが同時に行われている。
それって贅沢なことだよねえ、とかって思うのでした。

c0114339_11283844.jpg


腕に覚えのある強者たちが、混ざりあって溶けあうのではなく、
すれ違いざまに擦れあって閃光がはしる・・・
そんな音だよなあ、これってさ。

c0114339_11285468.jpg


きっと目がはなせないバンドになります。
皆さん、ご予約はお早めにどうぞ。

c0114339_1129759.jpg


"goodbye pork pie hat"
これにはすっかりやられてしまいました、はい。


"→CANTO"
guitar、『中西文彦』
upright bass、『大澤逸人』
percussion、福井豊
by swingfuji | 2008-03-20 11:32

日旺舞踏会

えーと、Mackie がお皿をまわしはじめました。
c0114339_042479.jpg

彼女はとっても良い耳をもっているのでした、はい。
c0114339_04409.jpg

かっこいい音楽、美味しい食べ物とお酒、オケーってかんじですね。
c0114339_0503.jpg

フロアがいいかんじで暖まってきました、さあ、踊りましょ!
c0114339_052558.jpg


c0114339_055557.jpg

今夜は、ちょっと大人っぽい選曲だよなあ、とか思いました、ねえ?


はい、もすこし続けますね。
by swingfuji | 2008-03-20 00:09

睡蓮

3月20日(木・祝) 20:00~(19:30open)
”睡蓮” 持田ヒロツグ(Vo) Cappa Sight(Vo) 宮田まこと(g)
¥2000(1d)
宮田さんの紹介で何度かお店に遊びに来てくれた”睡蓮”のおふたりですが、ライブをやってもらうのは初めてです。宮田さん曰く”持田くんは歌うために生まれて来た人”との事、楽しみです。
sausalito 0466-27-9966
by swingfuji | 2008-03-19 16:27

日旺舞踏会

日曜日は『隠れ処 海樹』さんにて舞踏会だったのでした。
c0114339_21274338.jpg

今回で早くも五回目なのですね、何回か死んだことあります、はい。
c0114339_2128585.jpg

ラヴリイでチャーミングな音楽と、
c0114339_21281946.jpg

とびきり新鮮な魚介のにぎり寿司!!
c0114339_21284060.jpg

レコードは回転させて愉しむものなのですが、
お寿司は回転しないほうが美味しい・・・よねえ?
あれ、だめですか?

もちょっと続きます、はい。


----- @ 隠れ処 海樹(みつき) -----
『隠れ処 海樹』
藤沢市南藤沢 第一興産5号館3F
0466-27-0880
by swingfuji | 2008-03-18 21:31

星の王子さまを撃墜した男

『もう彼のことは探さなくてもいい、そう、撃ったのはわたしだ』

元ドイツ空軍の戦闘機乗りが、そう証言したのだそうです。
証言の真偽のほどは未だ明確ではないらしいのですが・・・

1944年 7月 31日、メッサーシュミットBf109 を駆る、
ドイツ空軍の若きエースは、地中海トゥーロンの上空で、
マルセイユ方向に飛行するフランス空軍の P38 ライトニング
を捕捉し、これを撃墜したということなのでした。

『弾は命中し、傷ついた敵機は海へと真っ逆さまに墜ちていった、
 操縦士は見えなかった』

その撃墜された P38 ライトニング (これは間違いです、実際は F-5B
という偵察専用の機体で・・・・・とか、えっとー、まあ、いっかあ)
には、フランス本土偵察の任についたサンテックスが搭乗して
いたのでした。

『サン=テグジュペリの作品は大好きだった、彼だと知っていたら
 撃たなかっただろう』

なんということでしょう、言葉もありません。
ただ、ただ、かなしい気持ちになりました。


すこし前に、こんな文章を書いたことを思いだしました。
拙文ではございますが、おつきあいくださると嬉しいです。

c0114339_22211718.jpg


   きまぐれに癇癪をおこしがちな、胸を患った少女のような、
   このあやうい愛機を駆って、こころやさしい、命知らずの
   荒くれ者どもは、われさきにと群青の大空に飛びたってゆく

   夜の闇を飛ぶとき、地表のあかりを、せつないほど恋しく思うくせに、
   帰還した地上では、僚友との再会を、おおげさなほどよろこぶくせに、

   彼らは、下界にながく、とどまることができない
   彼らは、影のおもさを、ひきずることが厭わしい

   鳥の眼をもつ哲学者、高速域の詩人、
   彼らはおよそ地上の嘘のいっさいがっさいを放擲する
 
   酸素のうすい、遥かな蒼穹を、光速で飛びつづけた、
   彼ら飛行機乗りは、永遠に蒼く、若い 
by swingfuji | 2008-03-17 22:23