人気ブログランキング |

湘南辺りの音楽情報とか
by swingfuji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Swing Swang Swingin'
以前の記事
2016年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


中西文彦 @ ハリマオ・ロッジ

緩急の自由自在さ、中西文彦さんの魅力のひとつだと思います。
とても抑制が効いています。曲の雰囲気に酔って溺れるという
ことがありません。それは演奏家としてあたりまえのことなの
かもしれません。しかし、その洗練はその質において限られた
演奏家の音楽でしか聴くことができない高いものになっている
と感じられるのでした。

c0114339_153962.jpg


ただ、今夜はそこにどこか先を急ぐような感覚があります。
緩から急、急から緩、そのうつろいのさなかの踏みこみが
わずかに早い、こわれものを抱えた早足の気配があります。

今夜の音楽が不出来だということではありません。

その音はこれまでになく澄んでいます。透明な音です。
どことなく、鉱石の結晶を想わせるところがあります。
乾いていてごく薄く、硬いけれどひどく脆い、
そんな危ういような美しさを湛えた音だと思います。

そう、今夜の音楽は不出来などではありません。

c0114339_1532359.jpg


あまり体調がよくなくて、ということは聞いていました。
今夜の音楽にはそのことが現れているのかもしれません。
体調が良いから、その音楽も良い。
体調が悪いから、その音楽も悪い。

必ずしもそうではないところに音楽の或いは芸術というものの
凄みがあります。残酷な言いかたをしてしまえばこうなります。
今夜、中西文彦さんの体調は最悪であった。
儚いような美貌の音楽はそれが故に鳴った。

如何ですか、酷いような言いかたですよね。
でも、もっと無慈悲なことが他にあります。
そう、それは、わたしがそうだと知りながら
その美貌を享受してしまう、ということです。

c0114339_1533587.jpg


最後の曲です。
中西文彦さんとしては今夜が初演だと思います。

生涯にわたしが取りだし得るもっとも美しい旋律・・・
うろ覚えですが、確か作曲家はこの自らの作品について
そのように述べたのではなかったでしょうか、名曲です。
名曲なのですが、この国では湿った演奏になりがちです。
中西文彦さんはどのように聴かせてくださるのでしょう。



別れの曲
"Etude op.10-3"

----- 10月25日 -----
@ Harimau Loji
鎌倉市大町3-1-20
中西文彦(guitar)


----- あとがき -----
そう、冷酷なフミヒカディクト(Fumihicaddict)を自認する
わたしのようなものにとって、ここは待ち望んでいた場所です。
これからもここで中西文彦さんの音楽の定点観測を続けたいと
思っています。もちろん観測希望者は随時募集中です、はい。

それでは、皆さま、ごきげんよう。

                      よのゐかをる
by swingfuji | 2008-10-31 02:09
<< サンドフィッシュ1周年記念パー... 3連休はフリマなのです! >>