湘南辺りの音楽情報とか
by swingfuji
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Swing Swang Swingin'
以前の記事
2016年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:Bar Cane's ( 51 ) タグの人気記事

雨の動物園

間瀬憲治はロマンティストである。
降りしきる、みだれ髪の雨の一滴一滴に音楽を聴いてしまうというような。
近ごろでは、その絶滅が危惧されてもしかたのない、本物の夢想家である。

雨の動物園・・・
どれほど詩才にとぼしいものであっても、心象が浮かぶのではないだろうか。
詩らしきものの欠片、物語の破片。遠景に近景に仄めかされるのではないか。
シアター・ピースのようなものを想像していた。何か具体的な展開を楽器や
ターンテーブルが補完するものだと思っていた。抑えられたナレーションに
案内されて門扉のまえに立っている。扉をあけてもいい。たち去ってもいい。
テクストは慎重に言葉を選んで磨かれているけれど、留保がゆるされている。
いずれ、園内に歩いてゆくであろうことは予感しているのだけれど、判断を
ここでは強制されない。促さない。宙ぶらりんのまま、放っておいてくれる。
やがて音楽が響きだす。それは聴くものを煽情しない。何ごとも示唆しない。
ただ、そこに雨を降らせている。間瀬憲治のロマンティシズムに降りそそぎ、
ぐっしょりと濡れしょびれにさせている。それはターナーの絵画を想わせた。

c0114339_21514317.jpg


この雨のさまよいも終わりのころ、ふいに一人称が告げられる。
ナレーターは、冷静に、はっきりとした声で「ぼく」と云った。
夢みがちな放浪者の正体が明かされた。ああ、とわたしは思うのだ。
彼のイノセントなトリックにまんまとはめられたのだ、と苦笑した。
わたしたちに留保がゆるされていたのでは、けっしてなかったのだ。
耳あたりのよい、サスペンデッド4th にすっかりとだまされていた。
彼はそれとまったく気がつかせることなく、わたしたちの手をひき、
背なかをおし、彼の雨の動物園をぐるりと案内してみせ、ついには、
こんなにも遠い、どこかわからない地平にまで連れだしたのだった。
共謀したのは演者とゲンちゃんである。ギターを抱えたずぶ濡れの
間瀬憲治が顔をくしゃくしゃにしながら笑っている。音楽は、雨は、
しばらく止みそうにない。迷子のわたしたちも、笑うしかなかった。

氷雨、春雨、五月雨、梅雨、日照雨、俄雨、秋雨、時雨、霧雨、霖雨、驟雨。
言葉は雨にさまざまな性格をあたえているけれど、今夜、ここに降るものは、
慈雨であると思いたい。それは豊穣を約束する。聴き手と演者と動物たちは、
ここケインズという洞窟でビバークする。降りしきる雨音に耳を傾けながら。


間瀬憲治というものは、まったく油断のならないロマンティストである。


                            よのゐかをる

----- 9/26 -----
雨の動物園
@ Bar Cane's
[PR]
by swingfuji | 2010-09-27 21:52

2010 JUNE SCHDULE

Bar Cane's

6/5 Sat ”異母兄弟!?ライブ”
       citta秋元勇気(g.Vo)と江上友彦(b)デュオ
       20:00~・21:00 *2ステージ/MC ¥1000
6/19 Sat "VOICES INSIDE"
ポール・マッカートニーの誕生日(18火)にちなんで
        BEATLESカバー特集
        ホストDJ:二見 潤 / No Charge
6/30 Wed”ダメ男ナイト”/ No Charge
*毎週金曜26~29時 新企画"深夜の爆音ジャズ喫茶”
                大きい音でジャズを聴くだけ/ No Charge
Bar Cane's 藤沢市藤沢991野口ビル2F tel 0466-28-5584
    
[PR]
by swingfuji | 2010-06-02 15:41

2010 March Schedule

Bar Cane's

3/13(sat) ”岡崎恵美 ukulele弾き語り”
3/20(sat) "Voices Inside" ホストDJ:二見 潤 No Charge
3/31(wed)"ダメ男ナイト” 詳細未定 もちろん No Charge
~イベント中止のお知らせ~
3/21(mon)に予定していた”宮田まこと”のライブはアーティストの
都合により中止とさせて頂きます。

Bar Cane's:藤沢市藤沢991野口ビル2F tel 0466-28-5584
http://www.barcanes.com/
[PR]
by swingfuji | 2010-03-08 15:33

FEBRUARY SCHEDULE

Bar Cane's

2/20(土)

"VOICES INSIDE" ~レディ・ソウル特集~
ホストDJ:二見 潤  ゲスト:横浜HOT VINYL 山田さん&浅見さん
8:00pm~ No Charge

2/28(土)

”ダメ男ナイト・カナダ特集”
ホスト:間瀬ケンジ+ゲストいろいろ
 カナダのSSWのレコードを聞きつつ、演奏をします。
8:00pm~ No Charge

Bar Cane's 藤沢市藤沢991 野口ビル2F tel 0466-28-5584
[PR]
by swingfuji | 2010-02-10 15:16

モンクとエヴァンスのソロ・ピアノをひたすら聴く

あらわれているものが、あまりにも違うので、
対極として語られることが多いのかもしれない。
けれど、音の響きに憑かれていたということでは、
まるで双子のようによく似ているかも、とか思う。

セロニアス・モンクとビル・エヴァンス。

この二人のピアニストのCDを幾枚づつか持っていて、
時々、ラックからひっぱりだすことになるのだけれど、
エヴァンスに続けてモンクを聴くことはないし、
モンクに続けてエヴァンスを聴くこともない。

ただ、マイルズ・デイヴィスを経由して接続されるということはある。
まあ、ありがちなことだけれどもね。どちらかといえば、モンクから
エヴァンスにたどりつくことが多いかもしれない。わたしの場合には。

モンクのピアノは、ある面で最高だ。
あんなに独特なフレージングと間のとり方ができる奴はいない。

緑色の肌をして赤い息を吐いていようが、俺は使うぜ。
俺がかっているのは肌の色じゃない。演奏の腕なんだ。

この有名すぎるコメントのとおり、マイルズが二人の
ピアニストを愛していたということは事実なのだろう。
では、若き日の帝王の耳に何が聴こえていたのか。
まあ、そんなこと分かるはずもないのだけれども、
それを想像してみることは楽しい。もしかしたら、
両極をつなぐ響きが聴こえていたのかも、とかね。

二人のソロ・ピアノだけをひたすら聴きつづけたら、
わたしの耳にもそれが響いて聴こえるかもしれない。
たいへんに興味深いイヴェントだと思います、はい。
お誘いあわせのうえ、是非、足を運んでみて下さい。


----- モンクとエヴァンスのソロ・ピアノをひたすら聴く -----
10/25(日)
『Bar Cane's』
藤沢市藤沢991 野口ビル2F

'round about midnight'




'nardis'

[PR]
by swingfuji | 2009-10-26 23:37

there's no place like FUJISAWA today.

その受けとり方はさまざま。どうぞお好きなように。
でも、こんなにも狭いエリアでよくまあ、とかって。

c0114339_20215958.jpg


界隈きってのソウル・ボーイ、二見潤がお届けする、
マンスリー・ブラック・ミュージック・パーティ。
匂いたつようなとびっきりの "Blues" にやられつつ、
焼けるようなライ・ウィスキーをひといきにあおる。
なんて、そんな熱い夏の週末の過ごしかたは如何?

あ、このストラト。
すごくかっこいいでしょう。

----- VOICES INSIDE -----
7/18(土)
『Bar Cane's』
藤沢市藤沢991 野口ビル2F
0466-28-5584
20:00 start
¥no charge
resident 二見潤
guest 文屋章
[PR]
by swingfuji | 2009-07-17 20:22

Live Information

Bar Cane's

6/19(Fri)

端山龍磨 (Vo G) 大澤逸人 (b) 上原”ユカリ”裕 (per)

9:00pm~ ¥Donation

6/20(sat)

"Voices Inside"

ホストDJ:二見 潤  今月のゲストDJ:よしださん

8:00pm~ ¥No Charge

Bar Cane's
藤沢市藤沢991 野口ビル2F  tel 0466-28-5584
http://www.batcanes.com/
[PR]
by swingfuji | 2009-06-08 15:37

landscapes which I listened. #020

ロイクにロイシ、どちらでもブンキのむくまま、
お気に召すまま、お好きなように。

・・・じゃあ、今夜はロイクだな。

c0114339_20384659.jpg


内なる声に耳を傾けていたら、
いつのまにか『Bar Cane's』へ。

c0114339_20385945.jpg


濃い口のブラック・ミュージックあります。

c0114339_203914100.jpg


抜群に旨い芋焼酎あります。
呑むというより、喰らうというような。

c0114339_2039275.jpg


とびきりのシガーあります。
男の、それも成熟した大人の匂い・・・なのかな?

c0114339_20394374.jpg


最高の一枚があります。
一人でも多くの方々に聴いていただけたら、と思っています。

c0114339_20395445.jpg



----- 9月20日 -----
@『Bar Cane's』
" VOICES INSIDE vol.7 "
DJ :二見潤
ゲストDJ:BAN
[PR]
by swingfuji | 2008-09-30 20:45

voices inside vol.5

えーと、この週末は界隈きってのソウル・ボーイ " 二見潤 " が
お届けする DJイヴェント「voices inside」なのでした。

c0114339_21592328.jpg


ゲスト DJ に、あの『guinn』氏をお迎えしての今回、
フライヤには < ゆるめ > とありますが、さて、如何あいなりますか。
皆さん、是非、遊びに来てくださいね。


『Bar Cane's』
藤沢市藤沢991 野口ビル2F
0466-28-5584
7/19(土)
" VOICES INSIDE vol.5 "
20:00 start
¥ charge free
DJ :二見潤、ゲストDJ:guinn
[PR]
by swingfuji | 2008-07-19 00:05

landscapes which I listened. #011

" ザ・ヘンタイ・ブラジレイロ・トリオ "

c0114339_21464179.jpg


って、大澤くんは自分たちのことを呼んでいるらしい。

もちろん「ヘンタイ」っても、真夏にロング・コートで
「ほーら」とかっていうやつじゃないんだろうけどね。

えーと、なんていったっけ、あれ、
あのー、ほら、あれだってば、ねえ、きみ?

蛹から成虫に脱皮するやつ、そうそれ、変態!
で、突然変異、ミュータントはいってんだよなあ、連中ってばさ。

うん、次回は聴き逃さないほうがよいと思うなあ、ぜったいに、ね。



2008年 5月 5日
@ Bar Cane's
"CANTO"
『中西文彦』(guitar)
『大澤逸人』(uplight bass)
『福井 豊』(percussion)

photo & text by よのゐかをる
[PR]
by swingfuji | 2008-05-14 21:53