湘南辺りの音楽情報とか
by swingfuji
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Swing Swang Swingin'
以前の記事
2016年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:トロピキャンディ ( 10 ) タグの人気記事

Pecombo @ TROPICANDY

ハマのバテリア、mocidade vagabunda が 
強力なリズムを叩きだしはじめました。

c0114339_21375834.jpg


フロアはいまや最高潮です。

c0114339_21382412.jpg


ゲストはまるで満ち潮にのった魚の群れのように
ぴちぴちときらきらと踊りつづけるのでした。

c0114339_21384260.jpg


あー、ごめんなさい。
わたしの貧しい語彙ではこれがせいいっぱい。
写真を見ていただけたら、とても嬉しいです。

c0114339_2138586.jpg

c0114339_21391331.jpg

c0114339_2139299.jpg

c0114339_21401781.jpg

c0114339_21403296.jpg

c0114339_21405276.jpg

c0114339_21411986.jpg

c0114339_21413482.jpg


ファイナル・カット、
この素晴らしい笑顔が今宵のすべてです。

c0114339_21415051.jpg


とっても楽しい時間を過ごすことができました。
皆さん、本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by swingfuji | 2008-08-04 21:51

Pecombo @ TROPICANDY

アコーディオンの田ノ岡三郎さんと
スティールパンの伊澤陽一さんが加わって、
Delux Acoustic SET となりました。

c0114339_2059119.jpg


それはそれはゴージャスでスリリング!!

c0114339_20593831.jpg


圧巻のステージングなのですが、人なつこい感じ、
圧倒されながらも引き寄せられてゆくというような。

c0114339_2102037.jpg


随分とたくさんの写真を撮っていたようです。

c0114339_211752.jpg


ファインダー覗いて、シャッター切って・・?
その瞬間のことは何一つ憶えていません、はい。

c0114339_211261.jpg


ただ、ただ、まばゆい音楽を泳いでいた・・・

c0114339_2114512.jpg


そんなふわふわした感覚だけが今は手元に残っているのでした。
[PR]
by swingfuji | 2008-08-04 21:09

Pecombo @ TROPICANDY

フロアがひときわ大きな歓声に沸きかえりました。
そう、皆さんお待ちかね『Pecombo』の登場です。

c0114339_229397.jpg

c0114339_2292868.jpg


まるで花が咲いたかのようなステージ、
艶やかな迫力に期待がいっそう昂まります。

c0114339_2295864.jpg

c0114339_22102043.jpg


圧倒的な唄声のちから、
これにはどきどきしっぱなしです、はい。

c0114339_22103950.jpg

c0114339_2211130.jpg


さあ、夢見るような音楽のはじまりです。
[PR]
by swingfuji | 2008-08-03 22:12

Caribbean Breeze @ TROPICANDY

スティールパン、
二十世紀に発明された最後のアコースティック楽器、
などとも呼ばれるトリニダード・トバコの打楽器ですよね。

そのスティールパンとドラムスによるコンボ、
「カリビアン・ブリーズ」がステージに登場です。

c0114339_10103211.jpg


本当に不思議な魅力に溢れた音色の楽器なのです。
ゆたかな倍音が全方位に拡散するというか・・・。

c0114339_10112225.jpg


賑やかな音の楽器が複数台集まってアンサンブルをする、
もしかして混乱したり濁ったりしてしまうのでは?
とか思ってしまうのですが、勿論そんなことはありません、はい。
うーん、やはり不思議な楽器だよなあ。

c0114339_10113846.jpg


その音の魔力に興奮したり、

c0114339_1012420.jpg


その音の魔力に聴きいってしまったり、

c0114339_10122196.jpg


なにより、カリビアン・ブリーズの皆さんの花のような笑顔の演奏、
これには、かなーり心をもっていかれちゃいました、また聴きたいなあ。
[PR]
by swingfuji | 2008-08-03 10:15

伊藤亮介 @ TROPICANDY

さて、興奮も醒めやらぬフロアでは『大洋レコード』
伊藤亮介氏の DJ がはじまりました。

c0114339_22275955.jpg


南米をはじめ非英語圏のポップ・ミュージックを
紹介し続けている大洋レコードさん、そのショップ
コンセプト(なのかな?)どおり、ルーツ・ミュージック
に根ざした(文字どおり)最新型のポップ・チューンを
惜しげもなくスピンしてフロアを踊らせちゃうのでした。

c0114339_22282480.jpg


藤沢からの mackie ちゃんとか、

c0114339_222939.jpg


そのお友達の K さんとかとか、

c0114339_22293025.jpg


またもや本日の出演者、
ペコンボのリエさんまでもが踊る踊る!

c0114339_22294249.jpg


楽しさが溢れる音楽に首ったけで踊る、
それってかなりしあわせなことだよなあ、
とか思うのでした。

c0114339_22295864.jpg


このルポ、もちょっと続けますね。
[PR]
by swingfuji | 2008-08-02 22:33

TamancoBuco @ TROPICANDY

えーと、ペコンボのリエさん、彼女もこのリズムには踊るしかないのでした。

c0114339_16174351.jpg


ときめくようなそのリズム、

c0114339_16181646.jpg


まばゆいばかりのその和声、

c0114339_16235920.jpg


光の届かぬ屋内に輝く太陽、

c0114339_16185472.jpg


それには当日の進行を司る M.C. の目も眩まんばかり、
えーと、"blinded by the light"  ねえ、miyai くん?

c0114339_16193051.jpg


闇とは門がまえに音が閉じ込められているわけなのですが、
その門が開いた時の眩さたるや、もう、ねえ、皆さん。
[PR]
by swingfuji | 2008-08-02 16:21

TamancoBuco @ TROPICANDY

さあ、待っていたのでした『TamancoBuco』、ねえ?

ブラジルの北東部、ノルジスチと呼ばれる地域に
"リズムの坩堝" 、ペルナンブーコ州はあるのでした。

c0114339_1464387.jpg


そんな世界地図的にはほとんどピン・ポイントと言ってよい
エリアの音楽を演奏する彼女たちの詳しいことについては
彼女たちの H.P. を見ていただくのがよろしいかと思います。

c0114339_147212.jpg


全員で打楽器を叩き、全員で唄う、

ゆたかな色彩にあふれたリズムは、まるでもぎたての果実のようです。
裸足の彼女たちが踏むステップは冷たいリノリウムの床に吸い込まれて
しまうようなやわなものではなくって、とおいとおいペルナンブーコの
灼熱の赤い大地を鎮めるがごとく鮮烈で情熱に溢れたものなのでした。

c0114339_1472251.jpg


そんな躍動するリズムを聴いては、たとえ本日の出演者といえども
楽屋で大人しくしていることなんて絶対に無理なことなのでした。

ペコンボのペコさん、

c0114339_1474020.jpg


その足どりはとてもかろやかで見蕩れてしまいました、はい。
[PR]
by swingfuji | 2008-08-02 14:10

東京カリ〜番長 @ TROPICANDY

充実のケータリング・サーヴィスなのでした。

ドリンクは横浜・関内のババカォン・ダ・モシダージ、
そのカイピリーニャはしっかりと甘く強力です、はい。

そしてフードはかの『東京カリ〜番長』なのでした。

で、東京カリ〜番長の調理主任、水野仁輔氏といえば、
数々のカレー関連の著作で高名な方なのですが、なんと
皆さんご存知、鵠沼のN氏とはかねてより昵懇の間柄で
おられるらしく、再会のスナップなど撮らせていただいた
のでした、こんな感じで(オケーでしょうか?)。

c0114339_22551054.jpg


もちろん、カリ〜もいただきました、はい。

c0114339_22552544.jpg


スパイスがつんつん声を荒げていたり、とか、
辛みが演説のごとく声高に主義・主張を述べたり、とかとか、
そんなことは全くありませんでした。

c0114339_22554078.jpg


とても食べやすく、とても深い磁味にあふれ・・・
とか、まあ、良いのです。
ただ、とても美味しかったのでした、ほんとに。
近いうちに界隈でも頂けるとか?、頂けないとか?
楽しみです、はい。

さて、この後、音楽があふれます。
もう少しお待ちくださいませね。
[PR]
by swingfuji | 2008-07-31 22:57

TROPICANDY

さてさて、束の間ではありましたが居心地の良いカフェで
ビールを(何杯も何杯も何杯も)呑んでいたら、すっかり
良い気分になってしまいました(少し眠ったかってくらい)。

さあ、お待ちかね、開場です。

外観と同様に趣きのある階段を二階に上がると受付です。
ここでようやくサウサリートのジョージさん、レイコさん、
藤沢からの皆さんと合流です、さあ、楽しみましょうね!

まだ冷んやりとしたフロアをオーガナイザーであり
DJ でもある KAZ氏がさっそく溶かしにかかります。

c0114339_2232227.jpg


そこですっごくかっこいいものを見ました。

c0114339_22341100.jpg


人気のないフロアを縦横無尽に、
中近東のハウス・ミュージックにのって、

c0114339_224671.jpg


まるで踵に羽でもはえているかの如く軽やかに、

c0114339_2242053.jpg


しばらく、そのダンスに見蕩れてしまいました、はい。

c0114339_2243752.jpg


『テキーラ・シスターズ』、カシータ・フェリス、ヴァカモレ・・

c0114339_2245160.jpg


グッズの出店もにぎやかです。

c0114339_225208.jpg


しかも、皆さんとってもおしゃれ!

c0114339_2253564.jpg



まだまだ続きます、はい。
[PR]
by swingfuji | 2008-07-31 22:08

TROPICANDY

日曜日、夏の到来を告げるカルナヴァル『TROPICANDY』
を体感しに横浜は関内に出かけたのでした。

横浜スタジアムのわきを港にむかって歩いてすぐ、
会場である『ZAIM』はそこにあるのでした、はい。

c0114339_20483477.jpg


もとは旧関東財務局 及び 旧労働基準局の庁舎であったという
建屋を横浜市が取得し、市民の創造活動の場所として解放して
いるのだそうですが、長い年月に耐えたと思しき外壁からは、
なんとも言いがたい良い雰囲気が漂っているのでした。

「へえ、昔は役所もセンスあったんだなあ」

とか思ったりしたのですが、後でしらべたところ、
昭和三年に日本の商社の先駆け、日本綿花(株)の
横浜支店として創建されたのでした。
うんうん、やっぱりなあ、そうだよなあ・・・。

c0114339_2048508.jpg


扇風機が霧を吹きながら路上の暑熱を冷ましています。
今日は薄曇りの夏の日、さほど暑くはないのですが、
周辺はしっとりとしていてとても気持ちが良いのでした。

c0114339_204959.jpg


さて、開場までまだ少しばかり時間があるようです。
隣接するカフェでビールを呑むことにします、はい。

c0114339_20493679.jpg


ここは空調なし、天井扇がぬるい空気をかきまぜているだけ、
でも、よーく冷えたビールを楽しむには申しぶんありません。

c0114339_20495062.jpg



たくさん(下手な)写真を撮らせていただきました。
しばらく続けます、おつきあい下さると嬉しいです。
[PR]
by swingfuji | 2008-07-31 20:53